「むくみ」の解消法・予防法

「むくみ」の解消法・予防法

MENU

「むくみ」の解消法・予防法

「むくみ」の解消法・予防法は、大きくは次の2つです。

  1. 運動とマッサージで「むくみ」を解消・予防する。
  2. 食生活の改善で「むくみ」を解消・予防する。

 

運動やマッサージで筋肉を動かし、リンパの流れを促そう!

足のマッサージ

「運動」といっても、何も激しい運動を毎日続ける必要ありません。

 

昼間は、オフィスで同じ姿勢を続けないよう、こまめに体を動かすことです。1日中「立ちっぱなし」「座りっぱなし」を改善するだけで違ってきます。

 

夜、家に帰ったら、お風呂でよく温め、マッサージでほぐしましょう。その日の疲労で溜まった老廃物は、その日のうちにリンパ管に流すイメージで。翌日の「むくみ」予防にもなります。

 

お風呂でマッサージ

お風呂でマッサージ

湯船につかって体を温めてから、マッサージすると効果的です。ハンドマッサージでもいいのですが、リンパを流す指圧には意外と力が必要です。

 

そこで便利なのが「ボニック」。マッサージ機能が付いた、女性に超人気のEMSマシンです。マシンといっても、手で持てる小さなものです。

 

防水性なので、お風呂の中で使えます。バスルームで、家族の目を気にすることもなく、リラックスしてマッサージできます。

 

チェックしておいて損はないでしょう。

脚の“むくみ”ケア・マッサージが手軽にできる「ボニック」を詳しく見る

 

バレリーナは、むくみ知らず!?

バレリーナ

バレリーナは、「むくみ知らず」といわれます。下半身を鍛えているからなんですね。

 

特に大腿筋(太ももの裏側の筋肉)、下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)を鍛えることは、血行促進に有効です。基礎代謝がアップするので、ダイエット効果も高まります。

 

むくみの解消と予防には、ふくらはぎをマッサージすることも大切ですが、内ももを鍛えることも大切です。

 

とはいえ、内ももは、普段あまり使わない筋肉なので鍛えるのが難しい部分。内ももの筋肉を刺激して手軽に鍛えるなら、「ボディカル」がおすすめです。

 

内ももの筋肉を手軽に鍛えられる「ボディカル」を詳しく見る

 

マッサージのあとは、ハーブティーを飲んで老廃物を出す

マッサージの後には、利尿作用のあるハーブティーなどを飲むと、より効果的です。体内に溜まった老廃物が、尿といっしょに排出されるので、「むくみ」解消が期待できます。

 

利尿作用のあるお茶としては、ルイボスティー、ハトムギ茶、黒豆茶、ゴボウ茶などが、おすすめです。

 

ホットで飲むことが大切です。冷たい飲み物は、体の負担になります。

 

食生活の改善には酵素の力を借りよう!

緑黄色野菜

食生活の乱れは、「むくみ」の要因の1つです。野菜をしっかり摂りましょう。

 

緑黄色野菜には、水分代謝をスムーズにし、むくみにくい体質に改善する働きがあります。

 

ほうれん草などに含まれるカリウムは余分な水分を排出します。かぼちゃなどに含まれるビタミンEは血流を促す作用があるので、「むくみ」に効くといわれています。野菜をしっかり摂ることも「むくみ」の解消には大切なのです。

 

1日に必要な野菜の摂取量は350gと言われています。でも、「毎日そんなに食べられないよォ〜」という方が多いはず。

 

野菜不足を補うには青汁が有名ですが…

野菜不足を補うのに青汁を愛飲している方も多いと思います。でも、青汁に酵素をプラスすれば、もっと効果が高まりますよ。

 

それに、最近の青汁は、昔に比べて飲みやすくなりましたが、実は隠された秘密が…。

 

 

 

関連