EMS腹筋ベルト

巻くだけ腹筋ベルト|EMS腹筋ベルトの効果は?

MENU

その腹筋ベルト、強度は足りていますか?

メタボな猫

腹筋ベルトを試してみたけど効果はいま一つだった…
あなたもこんな経験をお持ちでは?

 

その腹筋ベルト、運動の負荷は足りていましたか?

 

負荷の足りない腹筋ベルトをいくら巻いていても効果はありません。

 

考えても見てください。毎日、腹筋運動を続けていたとしても、1日数回程度の腹筋運動で腹筋が鍛えられるでしょうか? ある程度以上の負荷をかけないと腹筋が鍛えられないのは当然です。EMS腹筋ベルトも同じです。

 

特に、お腹まわりが肉厚のメタボ体型の人は、注意が必要です。EMS腹筋ベルトは、皮膚から筋肉までの距離が遠くなるほど、電気刺激が筋肉に作用しにくくなります。お腹に脂肪をため込んでいる人は、EMSの運動効果が現れにくいのです。

 

そもそもEMSって?

EMS

ヒトが運動するとき、筋肉は、脳から信号を送られることにより動きます。EMSは、筋肉や運動神経に直接、電気刺激を与えて、筋肉を運動させることができます。

 

本人の意思と関係なく、筋肉を動かすことができるのです。

 

筋肉は、電気刺激を与えられると、瞬間的にギュっと引き締まります(収縮)。筋肉に負荷をかけた状態と同じです。逆に電気刺激が止まると、リラクゼーション状態(弛緩)になります。これが1秒間に、何十回、あるいは機器によっては何千回と起きるのです。

 

この「収縮」と「弛緩」を強制的に繰り返すことで、筋肉が鍛えられるのです。EMS機器は、医療分野では「リハビリ」に、スポーツ分野では「筋力トレーニング」に、広く活用されています。

 

「キツイ運動をせずに腹筋を鍛え、脂肪が燃焼しやすいカラダになりたい」という人たちの間で人気なのが、EMS腹筋ベルト。そのほか、ウエストやヒップ、二の腕、脚の「たるみ」をなんとかしたいという女性の間でもEMS機器が人気ですね。

 

EMS機器の効果は、周波数で決まる!

EMS周波数

EMS腹筋ベルトの効果を左右するのは、周波数です。しかし、そこまでチェックして購入する方は少ないでしょう。そもそも、一般的な家庭用EMS機器には、周波数まで表示されていませんから。

 

周波数というのは、1秒間に何回の電気刺激を与えるかということ。例えば、60Hzなら、1秒間に60回の電気刺激を与えることになります。

 

EMS機器は、周波数が高いほど、深層筋(インナーマッスル)にまで電気刺激が届くとされています。

 

だからといって、「周波数が高ければ高いほど良い」というわけではありません。周波数が高すぎると、逆に筋肉は、収縮と弛緩ができないからです。

 

アスリートが使うレベルの本格的なEMS機器

アスリート

インナーマッスルまで刺激できる本格的なEMS機器を選ぶなら、

「4,000〜5,000Hz」+「干渉波」

のタイプが良いようです。

 

干渉波というのは、体に貼った4つのパット(電極)から発生する波が、体の内部に入って干渉し合うこと。

 

皮膚への刺激を抑えつつ、深い部分でも強力な筋肉運動を起こすことができます。医療用EMSにも採用されている高度なEMS技術です。

 

このタイプなら、脂肪に邪魔されることなく、インナーマッスルまで刺激を到達させることができるでしょう。ただし、業務用レベルになりますから、決して安くはありません。

 

「4,500Hz」+「干渉波」という業務用レベルの性能を持ちながら、比較的安価な家庭用のEMS機器があります。分割払いもできますから、チェックしてみては?

 

アスリートが使う「4,500Hzの干渉波EMS」が家庭用で登場!詳しくはこちら

 

低周波EMS機器は効果がない?

一般的な腹筋ベルトなどEMS機器の周波数は、高いものでも2,500Hzまでといわれています。

 

周波数の低いEMS機器は、

  • 皮膚から比較的浅い部分の筋肉しか刺激できない
  • 電気刺激がピリピリする

といった弱点があるとされています。

 

それでは、低周波EMS機器は効果がないのでしょうか?

 

国民生活センターが、1万円前後の低周波EMS腹筋ベルトの複数の商品についてテストを行っています。周波数は30Hz〜120Hzと幅がありますが、どれも低周波です。

 

その結果、「EMSによる電気刺激は、自分で運動を行うよりも筋肉への負荷が大きい」ことが分かっています(2002年9月24日発表)。もちろん、これは効果を宣伝するものでなく、商品の安全性を調べ、「使用に際しては注意が必要」と呼びかけたものです。

 

ですから、低周波だから効果がないということはありません。

 

実は「筋肉トレーニングに最も効果が高いEMS周波数は、20Hz前後」という研究結果もあるのです。

 

 
注目の痩身エステ[PR]

痩身専門サロンBTB。脂肪吸引とEMSでセルライトを徹底除去。
バイオエステBTB

 

あわせて読まれているページ