トマトの抗酸化作用

活性酸素とトマトの抗酸化作用

MENU

活性酸素とは

活性酸素とは、通常の酸素と比べてモノを酸化する力が強い酸素です。普通に生活していても、体に入った酸素の2〜3%が活性酸素になるといわれます。また、日光を浴びたり、激しい運動をしたときも活性酸素が増加します。

 

通常、活性酸素は体内に侵入した細菌などの異物を攻撃したり、体内の酵素反応を促したりするなど、私たちの生体にとって大切な役割を果たしています。

 

つまり活性酸素は、酸素を利用してエネルギー代謝を行う生物では必ず生成されるもので、本来体内に備わっている活性酸素消去機能が順調に働いていれば、問題視されるものではありません。

 

しかし、今日、精神的なストレスや喫煙、飲酒、排気ガス、紫外線、電磁波、放射線といった極めて現代的な生活要因で、活性酸素が増加しています。また、肥満の人は大量の活性酸素が発生しやすいと言われています。

 

体内の消去機能では処理しきれなくなった過剰な活性酸素が、その強い酸化作用によって、遺伝子(DNA)を傷つけたり、脂質や蛋白質を変性させます。

 

こうしたことから、活性酸素が、がん・生活習慣病・老化の原因とも言われているのです。

 

しかし、野菜などさまざまな食素材には、活性酸素を消去する働きを持つ物質が含まれています。なので、これらの成分を多く含む食品を摂ると、がん・生活習慣病・老化を予防し、健康を維持できるのです。

 

 

リコピンは活性酸素を消去する能力が高い

リコピンをはじめとするカロテノイドは、一般に、活性酸素を消去能力(抗酸化作用)が高いことが知られています。

 

カロテノイドは、植物、動物、微生物などが持つ黄色、赤色、橙色、緑色などの色素のことです。 抗酸化作用や抗ガン作用があるといわれ、病気になるとカロテノイドの血中濃度が下がります。
天然のカロテノイドには、βカロテン(にんじん・かぼちゃ)、αカロテン(にんじん)、リコピン(トマト)、ルテイン(ほうれん草)、クリプトキサンチン(みかん)、アスタキサンチン(サケ・かに)など約600種類あり、動物は体内で生成することはできず、野菜や果物などから摂取することが必要です。色素なので熟した物ほど含有量が高いとされています。

 

長年、カロテノイド自体はただの色素にすぎず、私たちの健康とは何の関係もないと思われていました。

 

しかし最近になって、カロテノイドには「悪玉酸素」ともいわれる活性酸素を消し去ってくれる作用があることが分かりました。なかでもリコピンは、β-カロテンの2倍以上の消去能力があることが分かり、おおいに注目を集めています。

 

かたよった食事や飲酒、また過度の運動などで体内の活性酸素が増えると、細胞が傷つけられてしまいます。増えすぎた活性酸素が細胞にいたずらし、「体をサビたような状態」にしてしまうのです。それがガン細胞のできる一因になったり、動脈硬化などの生活習慣病のきっかけになったりするといわれています。リコピンは、この活性酸素を消し去って、生活習慣病から私たちの身体を守ってくれる働きをしているのです。

 

緑黄色野菜の中で、トマトにはこのリコピンが最も多く含まれています。

 

2012年2月、京都大学などの研究グループが、「トマトに含まれる成分が脂肪燃焼を促進する作用がある」ということを発表して、トマトは一段と注目を集めています。