ボニックの使い方

部分痩せエステマシン「ボニック」の使い方

MENU

ボニックの使い方は超カンタン!

ここでは、「ボニック」の使い方をご紹介します。

 

使い方はとってもカンタン!

使い方は簡単。脂肪を落としたい部分にジェルを塗って、ボニックを押しあてるだけです。機械が苦手な人でも問題ありません。

 

 

モードは「超音波」と「EMS」の2つ

ボニックの使い方

モードは、超音波モード「SONIC」と、EMSモード「PULSE」の2種類があります。モード切替ボタンを押すだけです。

 

超音波モードは、超音波振動によるマッサージ効果をねらったものです。EMSモードは、電気刺激による筋肉運動を起こします。

 

超音波モードで使うと、体の内側から温まってくる感じがします。気になる部分を内側から温めることで、脂肪を燃焼させやすくする、というわけです。EMSモードの下準備としても利用できます。

 

EMSモードにすると、EMSの電気刺激がグイグイきます。「筋肉が運動してるぅ〜」って感じです。低周波のEMSマシンですから、多少のピリピリ感はありますが、ジェルを塗ってから使うので、ほどよい刺激といったレベルだと思います。

 

パワーは3段階

ボニックの使い方

パワーは、「弱・中・強」の3段階。こちらもモード切替ボタンを押すだけです。

 

思った以上にパワーを感じられるので、最初は「弱」から始めるのがよさそうです。二の腕は「弱」、太ももは「中」、お腹まわり・ヒップは「強」を目安とするといいでしょう。

 

防水性だから、お風呂でも使える!

バスタイム

ボニックの嬉しいところは、防水仕様なので、お風呂でも使えること。

 

湯船につかって体を温めた後に使うと、脂肪や筋肉が柔らかくなっているので、より効果的です。

 

それに、お風呂なら、家族の目を気にすることなく使えます。まわりを気にすることなく、一人だけのリラックスタイムに、本格的なボディケアにチャレンジできますよ♪